Instagram
アーカイブ

1歳児と1週間旅行、長期子連れ旅行の持ち物

初夏の北海道1週間旅行での持ち物をご紹介します。

  • 1歳2ヵ月ハイハイ真っ盛り
  • 離乳食は完了
  • ミルク卒業済み

このような赤ちゃんの持ち物に参考になれば幸いです。

子ども1歳 旅行の持ち物

基本の持ち物

食事関係

お食事関係グッズ
  • 携帯スプーンとフォーク
  • 携帯フードカッター
  • マグ
  • シリコン製スタイと使い捨てスタイ
  • チェアベルト

携帯スプーンとフォークは、普段から使っているエジソンママのもの。

食事は旅行中で一番バタバタする場面なので、親も子も使い慣れたものを持って行きます。

 

長期旅行の場合は、使い捨てスタイと、シリコン製のスタイも持っていきます。

おやつを食べる時など軽食は使い捨てスタイを使いましたが、食事はシリコン製スタイを使いました。食べた後はおしり拭きでサッとキレイにして、ホテルに帰ってから洗えばOK。

 

最近おやつの巾着袋を覚えてしまった1歳...

6泊7日の長期旅行だったので、オムツとベビーフード、おやつは現地で調達しました。

1歳との旅行では食事関係の荷物が多くなります。飲食店では子供用の食器とカトラリーを使わせていただけることが多かったのですが、持って行って良かったです。

 

 

食事関係の持ち物で一番重宝したのが、こちらのチェアベルトでした。

椅子の背もたれに取りつけると、子どもが安定して椅子に座れるチェアベルト

子ども用の椅子でなくても、背もたれのある椅子にチェアベルトを取り付けると、どんな椅子でも子どもが座ることができました。

0歳8ヵ月から外食には必ず持って行っているチェアベルト。

今回の旅行でも大活躍でした。

椅子につけるとこんな感じ

食事に関しては、日ごろの様子が外出先でもモロに出ます。慣れているものを出来るだけ持って行って、安心して食べられるようにしました。

 

 

 

衣服関係

半袖だと肌寒い日もあった初夏の北海道
  • 多めの着替え(4日分)
  • スリーパー
  • 靴下
  • 靴2足

1週間の旅行なので、7日分の洋服が必要になります。洋服はホテルにあるコインランドリーで何度か洗濯をしていました。

汚れる時は沢山服を着替えるので、洋服はどれだけ持って行っても足りないとも言えます。笑 洗濯する予定を入れていると、そこまで沢山持っていかなくて良いのでおすすめです。

 

 

そのほか

  • 抱っこ紐
  • ヘビーカー
  • オムツ
  • オムツが臭わないポリ袋
  • 母子手帳と保険証
  • 体温計
  • 常備薬
  • おもちゃ
  • 絵本

まだペンギンのようなペタペタ歩きの1歳なので、抱っこ紐とベビーカーはよく使いました。

ベビーカーはこちらを使っています。

あわせて読みたい
バガブーのB型ベビーカー バタフライ 車を持たないで子育てをしているので、我が家ではベビーカーが車代わり。 快適に子育てをしたい、との思いからベビーカーは何台か買い換えていて、3台目で出会ったのが...

おもちゃはあまり遊びませんでしたが、気休めに持って行きました。持っていけるサイズのおもちゃは限られますね...。

絵本は寝る前にいつも読んでいるので、ねんねルーティーンをいつもと同じようにするために持っていきました。やはり寝つきが良かったです。

あわせて読みたい
1歳目前のネントレ、入眠ルーティーンを整えて寝かしつけ10分に 0歳児の子育てをしていて、一番大変なことは何か?を考えると、「寝かしつけ」「寝不足」「夜泣き」「寝ぐすり」...。 わたしは睡眠に関することが思い浮かびます。...

 

 

 

意外に持って行って良かったもの

基本の持ち物以外で、活躍した持ち物をご紹介します。

  • 厚手のブランケット
  • サランラップ
  • マスキングテープ
  • ビニール袋
  • 子供用爪切り

 

 

万能だった厚手のブランケットとマスキングテープ

旅先が北海道だったので、厚手のブランケットを持って行きました。かさばるので持っていくか悩みましたが、大活躍。

7月でも北海道は朝夕かなり冷え込みました。昼間は暑いので、寒い時間帯は子どもをブランケットにくるんでベビーカーに乗せたり、抱っこ紐の上からブランケットを巻いたりしてお出かけをしました。

上着を持っていくほど寒くないし、活発に歩き回るわけでもないので、厚手のブランケット1枚あれば寒さ対策ができました。

 

ベビーカーでお昼寝を始めた時は、ブランケットを上からかけて遮光に使いました。

ホテルで子どもが寝た後も、お布団にブランケットとマスキングテープでテントのようなもの?を作って遮光をしていました。

おかげで寝かしつけが終わった後はゆっくり過ごすことができました。

 

 

サランラップがあればお皿もタッパーも要らない

サランラップは途中から現地調達ました。

1歳は手掴み食べをしたい真っ盛り。いつも白ご飯はサランラップで小さいお握りを作っていたので、旅先でも同じように食べられるようにしました。

というのも、白ご飯を一口ずつスプーンで運んでいたら、それ以外のことができません...。旅先では外食になり、食べさせる以外にもやることはあるので、(料理を一口サイズにカットしたり、子どもが落としたものを拾ったり)自分で食べられるものについては自分で食べてもらうことにしました。

 

また、食べ残したものはサランラップにくるんでテイクアウトもできました。(テイクアウトOKなお店に限られます)

お昼にしたけど、子どもが食べなかった時に重宝しました。サランラップにくるんでおいて、数時間後にはお腹がすくので、食べさせました。

また、お皿が無い時には一時的にサランラップの上に置くこともできるかな?とも思います。

 

 

ビニール袋

レンタカー内でもホテルでもゴミが出るのですが、オムツだったりベビーフードの食べたあとだったり、匂いがするゴミが出るので、ビニール袋も重宝しました。

 

 

おわりに

1歳になった子どもと初めての長期旅行での持ち物のお話でした。

長期旅行で疲れないコツなど、今回の旅行での気付きについてまた記事にできたらと思います。

あわせて読みたい
子連れ北海道、1歳赤ちゃんと1日楽しめるおすすめの場所4選 初夏に1週間北海道へ行ってきました。1歳2ヵ月の子どもと初めての長期旅行です。 実際に行ってみた場所の中で、1歳前後の赤ちゃんと1日楽しめる場所について、ご紹...
あわせて読みたい
赤ちゃんと初めての旅行|せとうちのお宿「江田島荘」宿泊記 家族3人で初めてのお泊り旅行に、広島県の江田島にある「江田島荘」へ行ってきました。 生後6ヵ月の赤ちゃんに優しいお宿で、親子共に大満足でした♩   この投稿をIns...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

家│暮らし|子育て
.
.
暮らし日記「まめのすみか」です。
お時間のある方覗いてってください☺️

コメント

コメントする